| main | 地方サービスの現状 >>

スポンサーサイト

  • 2010.02.28 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


限界集落をなくしたい

本ブログにようこそ。

このブログでは、日本の各都道府県の祭り、他県の人が知らない名物を紹介することにより、地方活性化を目指すブログであります。

まず現在の日本の状況を認識するため、
人口減少時代におけるまちづくり、地方の活性化の話をしたいと思います。

「限界集落」という言葉をご存知でしょうか。
過疎と少子高齢化の進行で人口が極端に減り、
町内会などの共助機能が成り立たなくなった集落を指す言葉です。

この限界集落になる恐れのある集落が中山間地を中心に全国に2600程度あり、さらに、そのうち400程度は、向こう10年間で消滅する可能性があると予想されております。

集落とは、100〜200メートルほどの間隔で点在している10軒、20件軒くらいの集まりで、
これらが集合すると村と呼ばれるものとなります。

昔は、このような集落がたくさんあり、
集落の家々では、蕎麦を栽培したり、棚田で米をつくったり、
林業を営んだりして生計を立てておりました。

ところが、この集落から、どんどん都会に出て行きました。

いったん都会に出るとなかなか戻ってこないため、
集落では高齢化が進み、人口に占める65歳以上の割合が50%といった数字があたり前になってました。

両親が亡くなったときに、息子がその集落に帰らないと、
家は廃屋になる。そうやって、徐々に集落の人口が減り、
最終的には共同体として立ちゆかなくなり、限界集落となったのです。

地方の集落、農村を廃れさせるわけにはいかない!

このブログにて、一助になれば幸いです。

スポンサーサイト

  • 2010.02.28 Sunday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM